春分その2

【前回からの続きです…】


 声を掛けようか迷っているうちに、彼女の姿を見失った。
 こんな時間に、いい年をした男が焼き鳥とビールぶら下げている図は、あまり格好いいものじゃないし…。
「格好つけるトシでも立場でもないよな」
 自分の苦笑いが、懐かしさをざらりと引っ掻いた。

「先輩?…加治先輩じゃないですか!」
 翌日、会社近くのコンビニでいきなり声を掛けられた。
「あれ?大岡?」
 人懐こい丸顔は中学生の頃のままだ。サッカー部の仲間の名前と顔は一瞬で思い出せる。
「うっわぁ!やっぱ先輩だ!お久しぶりです、いつ戻ったんですか?」
 一つ下の大岡は、試合ではあまり活躍しなかったもののチームのムードメーカーで、面倒見が良く人望もあった。
 つなぎの作業着の胸に「大岡工務店」と刺繍されている。そういえば大岡の親父さんは、評判のいい大工さんだった。
「年明けてすぐ。支社がこっちにできてさ。
大岡は家継いだんだな」
「継いだは継いだんですけど、まだまだ親父が達者なもんだから、俺は使いっ走り社長ですよ」
「偉いよな、俺なんて島流しみたいなもんだぜ」
「なに仕出かしたんですか、先輩」
 大岡は日に焼けた顔をクシャクシャにして笑って言った。
「んじゃ、ここから一発逆転狙うわけですね」
「無茶言うなよ。俺なんてもうおっさんなんだから」
 店を出て、灰皿があるコーナーに移動した。
 大岡はポケットから煙草を取り出し、うまそうに一服吸った。
「見てください、この腹。俺の方が先輩よりもおっさんおっさんしてますよ」
 見事に丸い腹をぽんぽん叩くと、大岡はふと真顔に戻った。
「俺、何か迷ったら『加治先輩ならどうするだろう』って考えるんです。
 先輩はサッカーうまいし、モテるし、頭も良いし、俺らの憧れだったんですよ。
 でも俺、一番すげぇなって思ったのは、先輩が怪我した後です。
 ちゃんと誰よりも早く来て、一人で筋トレとか済ませて、皆の練習の世話してて…。
 すげぇなぁ、て」
 何と答えればいいのか戸惑っているうちに、大岡は
「…なぁんて話を、今度飲みながらしましょうよ。
 あいつらにも声掛けますから連絡先教えてください」
 照れ隠しのように煙草をもみ消すと、携帯電話を取り出した。


 朝早い人気(ひとけ)が少ない学校が好きだった。
 サッカー部の部室で着替えていると、いつもクラリネットの音が聞こえてきた。
 部室の真上が音楽室だったから、吹奏楽部の練習はよく聞こえた。
 俺と同じように、一人で朝練をするのが好きな奴がいるんだなと思っていた。
 初めのうちは調子っ外れな音は出るし、つっかえつっかえだし、素人でもヘタクソなのが分かった。
 それが毎朝毎朝繰り返され、徐々に滑らかな旋律になり、生き生きとした音楽になっていく。
 誰が吹いているのだろう。
 ある朝、そっと音楽室を覗いてみた。
 小柄な女子が一人、窓に向かってクラリネットを吹いている。
 うちのクラスの学級委員だ。
 曲が途切れたところで声を掛けようかと思ったが、楽譜を覗き込む横顔があまりに真剣だったから黙ってその場を離れた。
 試合中に怪我をしたのは、そのすぐ後だった。
 キャプテンになったばかりの俺は、調子に乗ったのか張り切り過ぎたのか、しつこいディフェンスにカッとなって無理にゴール前へ抜けようとした。そこで相手の選手と激しく接触して転んだらしい。気がつけば膝が動かず、痛みでただただ呻いていた。
 靭帯を傷めて全治四ヶ月。
 キャプテンになったのに、何をやっているのかと自分に腹が立った。
 夏の大会までに回復できるのか、気ばかり焦った。
 
 うちの中学校の吹奏楽部はなかなかレベルが高く、コンクールでも活躍していた。部員も多い。
「千春、今度の地区予選には出られるんでしょ?」
 松葉杖を突いて出歩くのも嫌だったから、昼休みは教室で昼寝(のフリ)をしていた。
 机に突っ伏したまま、女子たちのお喋りを聞くともなく聞いていた。
「…ううん、補欠」
「マジ?あんなに練習してるのに?今度のコンクールが最後のチャンスでしょ?」
「今年の一年生、うまい子いっぱいいるんだもん。仕方がないよ」
 ため息混じりの笑い声が耳に残った。

(もう朝練の必要もないだろうな)
 俺も彼女も。
 そう思いながらも朝早くに部室に足を運び、そうはいってもすることもなく、ぼんやりと椅子に座り込んだ。
 いつものクラリネットの音色が聞こえてくる。何度も聞いているから覚えてしまって、鼻歌で同じメロディーを辿る。
 いつもは失敗する場所も、今朝は音がひっくり返ることもなく心地好く流れていく。
 上達したよな。
「……あれ?」 
 彼女、コンクールに出られないのに?今朝も練習?
 音楽室の小さな後ろ姿を思い浮かべた。
 俺はゆっくり立ち上がって深呼吸する。
 そう、まだまだやれることは沢山ある。


 仕事帰り、いつものスーパーに寄る。
 夕飯の支度を急ぐ女性たちで混雑している。
 真奈美もこうやって買い物をしていたのだろうかとふと思う。
 俺は真奈美の日常をほとんど知らない。いや、知ろうとしていなかっただけだ。
 まず話そう。
 結果はどうであれ、とにかくとことん話をしよう。
 仕事も空回りだろうがなんだろうが、やるべきことはまだ沢山ある。
 そして、大岡たちとバカみたいに飲もう。
 そう決めると、気持ちが軽くなった。
 たまにはサラダでも作ろうと野菜売り場に向かう。
 果物コーナーで、あの後ろ姿を見つけた。
 イチゴを前に首を傾げている。
「…中嶋さん?」
 考えるより先に、声が出ていた。



春分=3月20日〜4月4日頃
初候・雀始巣(すずめはじめてすくう)次候・桜始開(さくらはじめてひらく)末候・雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
 

b0314743_01491023.jpg


b0314743_01493406.jpg



汗ばむほどの陽気になったかと思えば、ホタホタと雪が降ったり北風が吹き荒れたり。
春と冬の間を行きつ戻りつしながら、時間は進んでいきます。
今年は桜の開花が早いようですね。
蕾がプゥッと膨らんできました。
桜狂ひの季節が始まります。
ソワソワする!


次回は4月5日「清明」に更新します。


[PR]
by bowww | 2016-03-21 21:37 | 作り話 | Comments(0)


<< 清明その1 春分その1 >>