言葉のこと

にょっぽりと昇ったお月様が綺麗だったので、iPhoneで。
粒子が荒くてザラザラ、わら半紙に刷った出来の悪い版画みたいですね。
満月には少し間があるけれど光量は十分のようで、夜になると、雪が残る遠くの山々が青く浮かび上がり、とても綺麗です。
空気が澄んでいる分だけ、明日の朝は冷え込みそうです。


b0314743_23575497.jpg

口を開けば誰かの批判、それも我ながら惚れ惚れするほど切れがいい。バシッと決まる。
…自分がそんな状態のときは要注意です。
人の粗にばかり気が向くから自身のことがお留守になります。
何か恥ずかしいミスを仕出かしたりして、消え入りたい気持ちになります。
誰かに向けた批判・悪口が、ぐるっと回って自分に返ってくるんですね。

「ドウセ…」「メンドクサ…」「ナンデジブンバカリ…」という言葉が、胸の中でグルグルし始めるのもよくありません。
うっかり声に出してしまったら最後、心張り棒がぐにゃりとへしゃげます。
ずぶずぶと自虐の沼に沈み込んでいくのは、いっそ快感でもあります。
でも、沈むのは簡単だけど、抜け出るのはどれだけ大変か。
こんな言葉を呟くぐらいなら、「コンチキショ!」と叫ぶ方がマシです。

悪口も噂話も「ドウセ…」という独り言も、溜め込むよりは小出しに吐き出す方が良いに決まっています。
ストレスは少しずつ解消していかなくては。
でも、つまらない言葉ばかり使っていると、その言葉が本人を害し始めます。
言葉で自家中毒を起こすようなものですね。
批判したくてウズウズしている口を、ぐっと真一文字に閉める。
情けない独り言を、ごくんと飲み込む。
せめて聞いた相手が笑ってくれる言葉に置き換えられるまで、少しは黙っていなさい。コブシの蕾を見習いなさい。
と、自分に言い聞かせます。
…ただ、コブシの蕾は愛らしいけど、いいトシをした大人の女が(つまりはおばさんが…)、口を真一文字にして働いていると、周りを怖がらせてしまうだけだったりもして加減がムツカシイのであります。


…なんてことを考えながら、雨水の作り話を書き上げました。
次回の作り話は3月5日「啓蟄」に更新します。

[PR]
by bowww | 2016-02-22 00:44 | 思ったこと考えたこと | Comments(0)


<< 啓蟄その1 雨水 >>