ご無沙汰しております

だいぶ間が空いてしまいました。

七十二候のリズムに合わせて、ぽつぽつと作り話を綴って一年、いつも「ネタ」を探してキョロキョロしていた気がします。
ぐるりと一巡りして、再びの立春。やれやれ…という気持ちで一区切りつけたのが2月でした。
実はちょうど、自宅の引っ越しのタイミングと重なって、生活能力の低い私は各種手続きやら荷物の片付けやらに忙殺されていました。
気付けば春の兆しを見つけることもなく、大好きな桜も新緑の季節もビュンビュンと過ぎ去り、梅雨の真っ只中です。カエルたちが嬉しそうに大合唱です。
季節の種を摘まみ上げて、手のひらの上で数えるような毎日を送らないと、時間はなんとも味気なく流れ去ってしまうものですね。
季節に置いてけぼりを食った気持ちで、どんよりした空を見上げています。


4月に、こちらのブログでご縁を頂いたhiyoさんが主宰された、写真のグループ展に伺いました。
物語を秘めた写真の数々と添えられた言葉の美しさに惹かれて、hiyoさんのブログを度々拝見しているうちに、見知った風景が登場することに気がつきました。
隣の街に住んでおられたのです。
小さな偶然が嬉しくて、作品を直接拝見できる機会を窺っていたところ、グループ展の告知。
そのメンバーの中に、親しい知人の名前を見つけて二度びっくり。
ドキドキワクワクしながら、展示会に行きました。
初めてお会いしたhiyoさんは、華奢で(失礼な言い方になってしまうでしょうか…)とても可愛らしい方でした。
でも、お話ししていると、とても大きくてあたたかなパワーが伝わってくるのです。
作品もご本人も本当に素敵で、ますますファンになってしまいました。
hiyoさんに「ぜひ、また書いて下さいね」と背中を押して頂きました。
(ご本人曰く「私、『その気にさせる』のが得意なんですよ」とのこと…)

うん、やっぱり書きたいな、何か書きたいな…と思い続けて2ヶ月…。
現世の諸々に気を取られて、6月になってしまいました。
筋トレと同じですね、サボるとサボった分だけ力が落ちます。。
錆びかけた脳みそとアンテナを軋ませながら、再スタートしたいと思います。
七十二候に合わせての5日毎の締め切り再び!はちょっとしんどいので、今度は二十四節気のリズムで。
作り話と、覚え書きのような日記のような呟きをパラパラと。
次回は7月7日の小暑に更新します。
お付き合い頂ければ、本当に嬉しいです。

[PR]
by bowww | 2015-06-22 09:25 | ご挨拶 | Comments(2)
Commented by 11hiyo at 2015-06-22 20:18
oriさん

こんばんは~
きっと、父の日だろうと思っていました。
父の日になったら きっと新しい物語が
始まるんだろうなって 待っていました^^
嬉しいです。

>季節の種をつまみ上げて、手のひらの上で数えるような毎日を送らないと、時間はなんとも味気なくかがれ去ってしまう・・・

季節の種を積み上げて、手のひらで数えたもの、これからまた連載いただけるなんて、時間がなんと味わい深くなることでしょう。

本当はちょっと不良のおばさんなのですけれど、きょうは好いhiyoさんでいられて嬉しいです。かなり照れ屋なんですね(自称)
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by bowww at 2015-06-23 00:24
hiyoさま。

こんばんは♪
展覧会では、本当にありがとうございました。
hiyoさんのお人柄に甘えて、少しお喋りが過ぎたかしら…と後でちょっと恥ずかしくなっておりました。
白状しますと、hiyoさんから頂いたヒントを元に、母の日から再開しようと思っていたのですが…。
もしも「書く・作る」力を入れておく器(例えばちっこい甕のようなもの)があるとすれば、その器がカラカラに干上がっておりまして、5月には間に合いませんでした。
今、ようやくチョロチョロと甕に水が溜まり始めたところです。
楽しんで頂けるものが書けますように(ちょっと神頼み的な…)。

またお目にかかれる日を、とても楽しみにしております。
こちらの方こそ、よろしくお願いいたします♪


<< 夏至 第七十二候 鷄始乳 >>