9月10日 きょうの空

撮りたての空。
崩れる寸前の雲です。
秋の風物詩の鰯雲は、お天気が崩れる前兆なんですよね。

b0314743_10363492.jpg


昨日、また一つ年を重ねました。
諸手を挙げてはしゃげるトシではないのですが、親しい人たちから「おめでとう」を言ってもらえると、やっぱりジンワリ嬉しいものです。
スーパームーンの満月と重陽の節句が重なって、能天気におめでたい感じ。
うまずたゆまず。
できるかぎり誠実に(でも、イジワル心も忘れずに)。
毎日を過ごしたいと思います。


[PR]
by bowww | 2014-09-10 10:46 | 番外編 | Comments(4)
Commented by mofu903 at 2014-09-10 11:56
oriさん、一日遅れになってしまいましたが、
お誕生日おめでとうございます。
重陽の節句にお生まれになったとは、うらやましいです。
勝手ながら、私がoriさんに抱いているイメージに、菊の香りが加わりました(笑)
どうぞ、良い一年でありますように、そしてこれからもご健筆を、とお祈りいたします^^
そうでした、昨日はスーパームーンの満月でしたね。こちらは曇っていて見えずに残念。今日は見えるかな…。
Commented by bowww at 2014-09-10 20:45
ジャレットさま。

ありがとうございます♪
重陽の節句…でも、子供の頃はあまり嬉しくなかったんです。。
菊の花って、どうも抹香くさくてジジババむさくて…どうにもときめかない。
やはり乙女としましては、薔薇とか菫とかに夢を抱くわけです。
大きくなって、古典を学ぶようになってから、多少は印象が変わりましたけれども。
菊の花びらをお酒に浮かべて飲めば不老長寿に効くとか。
アンチエイジング効果に期待したいです。

今夜は十六夜の月。
ジャレットさまのお住まいの辺りは如何でしょうか。
Commented by 高橋 at 2014-09-13 06:17 x
菊の印象は確かにトキメキが無いような気もしますが…でもですね、ふと思うのが、
(故人に手向ける花は菊が多い…ということは、
人が最期に選ぶ花=意味や価値がある花)
ということです。
花言葉は知りませんがもしかすると、長い年月を経てゆくうちに、奥ゆかしさや、和の精神が秘められているのかも知れません。
それにoriさん、菊の花は皇室の象徴ですから、素敵じゃないですか!(^^)
Commented by bowww at 2014-09-13 09:14
高橋さま。

ありがとうございます♪
そうですね、そう考えればいいですよね。
うんうん、皇室の花です、高貴なイメージです。
花言葉を調べてみると、「高貴」「高尚」「私を信じて下さい」などなど…ですね。
あ、悲しいのでは「破れた恋」というのもある。。

昔、百人一首を覚えているとき、「心あてに折らばや折らむ初霜の置き惑わせる白菊の花」という歌があって、やっと「…菊も、ま、素敵なのかも」と思えたものです。


<< 第四十四候 鶺鴒鳴 第四十三候 草露白 >>