タグ:折々のうた ( 1 ) タグの人気記事

送る詩

b0314743_00460489.jpg

車で1時間半ほどかけて、桜の名所・高遠に行ってきました。
ほぼ毎年、出掛けます。
花の名所と言われる場所は、行くとがっかり…ということも多いのですが、高遠は別格です。
城址公園に入ると、右を見ても左を見ても見上げても桜・桜・桜!
今年は一番良いタイミングに行けたと思います。
青空を背景に、満開になったばかりのタカトオコヒガンザクラ。
ピンクのグラデーションが、うっとりするほど美しかったです。
桜狂いも、ここを見ればようやく鎮まります。
満腹、満腹。
b0314743_00470772.jpg

今年は桜の開花寸前で雪が降ってみたり、かと思えば夏日に届く程の暖かさになったり、そして一番の見頃には春の嵐が無情にも吹き荒れたりと、本当に気が気ではない花時でした。
いつもなら、市街地の桜が満開になって一日遅れで郊外が見頃、そちらが散り始めれば川のほとりの並木が見事になる…と、「桜の時間割」が決まっているのですが、今年はお天気のせいなのか、どこの桜も咲き急ぐように一斉に満開になってしまいました。
いつもより少しだけ遅いかと思った桜の季節ですが、帳尻を合わせるかのように逃げ去っていきます。
ツバメがやってきました。
桜が散れば田んぼに水が入り始めます。
季節は初夏へと移ろっていきますね。
b0314743_00463828.jpg


今月5日に、詩人の大岡信さんが亡くなりました。
享年86歳。
朝日新聞の1面で連載されていたコラム「折々のうた」が大好きでした。
あんなに小さなコラムの中に、言葉の美しさ、面白さが過不足なく詰め込まれていました。

 神様の楽書(らくがき)として自分を全うしよう  海藤抱壷

中学生の頃だったか、「折々のうた」で紹介されたこの句を読んで、救われた気になりました。
十代にありがちな、つまらない自意識でパンパンになっていた時期です。
作者は昭和15年に結核で亡くなった38歳の自由律俳人。
アホな中学生は、作者本人が置かれていた環境の過酷さになんて思い至らず、ただただ「いいもの見っけた!」と有頂天になっていました。
それでも、あの頃に刻まれた言葉というのはなかなか根深く残るもので、ン十年経った今でも密かな拠り所になっています。
大岡さんの道案内で、豊穰な言葉の世界を少しだけ覗かせてもらいました。
「折々のうた」をまとめた岩波新書は全巻持ってます。
人生の最後が近付いて身辺整理をする時が来ても、この一揃いだけは身近に置いておきたいな、と思います。
大岡信さんの友人・谷川俊太郎さんが朝日新聞に寄せた追悼の詩が、とても瑞々しく美しかったです。

 本当はヒトの言葉で君を送りたくない
 砂浜に寄せては返す波音で
 風にそよぐ木々の葉音で
 君を送りたい

 声と文字に別れを告げて
 君はあっさりと意味を後にした
 朝露と腐葉土と星々と月の
 ヒトの言葉よりも豊かな無言

 今朝のこの青空の下で君を送ろう
 散り初める桜の花びらとともに
 褪せない少女の記憶とともに

 君を春の寝床に誘うものに
 その名を知らずに
 安んじて君を託そう

b0314743_00493657.jpg




[PR]
by bowww | 2017-04-22 00:50 | 身辺雑記 | Comments(0)