月光に(霜降)

「いつでもここに来ればいいよ」。
 ふと、思い出す声。

 昨日まで王様は僕だったのに、ちっぽけな赤い猿みたいな生き物が登場した途端に、僕の天下は終わった。
 父さん母さんはもちろん、おじいちゃんおばあちゃん、通りすがりの大人たちまで、生まれたばかりの弟に微笑みかける。
 僕は弟のおまけみたいだ。
 泣いても笑っても怒ってもほったらかし。
 弟なんか、いらない。


「ほら。一口齧れば充分さ」。
 誰の声だっただろう。
 苔むした木の根もと。

 彼女は一番の友達。何でも話せる親友。
 頭が良くて明るくて、そしてとても可愛い。中途半端なアイドルより、ずっと可愛い。
 私の大好きな友達。いつも一緒。
 でも、時々、たとえば二人並んで大きな鏡の前に立った時。
 たとえば担任の先生が、彼女にだけ優しい言葉をかける時。
 ずるい。
 息が詰まる。


「効き目はゆっくりだけど、確実だよ」。
 よく知っている、懐かしい声。
 落ち葉が朽ちていく匂い。
 しんと冷えた空気。

 娘を連れて実家に行く。
 フリルのついたワンピースや知育絵本、オーガニックな材料で作ったお菓子。
 行く度に、子供の為になる何かが用意されている。
 三歳の娘は自己主張が始まったばかりで、好き嫌いが激しい。
 為になるものほど、見向きもしない。
「あらあら、お母さんとそっくりの我がままさんね。
 あのね、つまらない物ばかり与えていると、くだらない女の子になっちゃうのよ」
 淡いピンクベージュの口紅で整えられた母の唇が、見事な弧を描く。 
 ねぇ、お母さん、私はあなたが嫌いです。


 近所の公園で、学校の裏庭で、寂れた避暑地の林で。
 静かに肥えていく茸。
「もうすぐ月が満ちるよ」
 

  月光に毒を蓄へ毒きのこ 遠藤若狭男


b0314743_11251097.jpg


b0314743_11325150.jpg



秋の台風は大事になりやすいですね。
野分と呼ぶには、あまりに荒々しい秋の台風が通過していきました。
久しぶりの青空はありがたいのですが、濁流や土砂崩れの映像を見ると心が塞ぎます。

仕事でドタバタしていましたが、日付が変わらぬうちになんとかブログ更新。。
写真の茸、子供の小指の爪よりも小さかったのです。




[PR]
# by bowww | 2017-10-23 22:30 | 作り話 | Comments(0)