<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春待つや(大寒)

「安田さん、落とし物…だと思いますけど…」
 内線の電話を取ると、総務の清水さんが遠慮がちにそう言った。
「え?財布?携帯?…は持ってるし…。俺、何か落としたかな?」
「…手がすいたら、ちょっと来ていただけますか?」
 清水さんのひそひそ声に、周りに聞かせるには憚れるもの、いかがわしいものでも落としただろうかと内心穏やかではない。
 すぐに行くと伝えて受話器を置いた。

 清水さんは社員通用口で待っていてくれた。
 何やら、困ったような笑顔で立っている。
 元々がおっちょこちょいな性格なので、入社以来、取引先との約束を忘れたり、電車に仕事道具を置き忘れたりといったミスは数知れない。さすがに最近は落ち着いてきたものの、総務部には迷惑ばかりかけている。
 特に、一年先輩の清水さんには何度も助けてもらっているから頭が上がらない。
「俺、何落としたんでしょう?」
 手招きする清水さんの後に従う。
 会社のすぐ隣は小さな公園になっている。気候が良い季節なら昼ご飯をここのベンチで食べる同僚たちも多いが、真冬の今では人影もない。日陰には三日前に降った雪がそのまま残っている。
 清水さんは、滑り台の裏側を覗き込んで頷き、俺を呼んだ。
「あれ、安田さんのじゃない?」
 清水さんの示す先に目を遣っても、雪に反射した陽射しが眩しくて何も見えない。
 シバシバと瞬きして目を細め、滑り台の後ろの雪溜まりを見つめた。
「…雪、ですよね?」
「雪の上に、見えない?」
 近づいてしげしげと見てみる。
 滑り台の影に重なって、一際濃い影が見えた。
「あれ?あの影、人の形に見えますよね?」
「呑気だなぁ、安田さん…。あれ、安田さんの形でしょ」
 俺は思わず吹き出す。
「いやぁ、雪の凹凸のせいでそう見えるだけでしょ?清水さん、想像力が豊か過ぎる」
「じゃあ、安田さんの影はどこ?」
 笑ったまま、俺は自分の足元を指差した。
 ……へ?
 ……ない。
 太陽は空高く、地面には木立や遊具、清水さんの影がくっきり落ちているのに、俺の足元だけはまっさらだ。
 足踏みしたり両手を上げて振ってみたりしても、地面には何も映らない。
「…どういうことでしょ、これ」
「安田さん、よくあそこで一服してるでしょ。その時に落としたんじゃない?」
 言われてみれば、雪が降り止んだ夜、満月があまりに綺麗だったから、滑り台にもたれて見上げていたのだ。
 帰り際、足元でビリッと紙が破けたような音がした気もする。
「凍りついちゃったってことですかね…。また、俺の足にくっつきますかね…」
 影がないと、本体はどうなるのだろう。
 今のところ、何の差し障りも思い当たらないのだが。
「どうかしら…。雪が溶けたら戻ってくるんじゃない?」
「そのまま蒸発しちゃって跡形もなくなったら?」
「とりあえず、影に体を合わせてみたら?」
 俺は影の形に添うように、滑り台にもたれてみる。
 清水さんが「もう少し右膝曲げて。腕はだらんと。頭は空に向けて…」と細かく修正してくれる。
「月の光の下じゃないと駄目かしら…」
「角度が違いますもんね」
 影と体を馴染ませるつもりで、しばらくその体勢をキープする。
 天気のよい昼下がりとはいえ、風が冷たい。いい加減、寒さで震え出した頃、我慢しきれずに体を伸ばしてみた。
 そろそろと右足を踏み出す。
 左足は高く上げてみてから踏み出した。
 影はしぶしぶといった風に、俺と同じ動きをしてみせた。
 清水さんに向かって、両腕で大きなマルを描く。
 足元の影は、一拍遅れてマルを作った。
 まだ本調子ではなさそうだ。
「やれやれ、清水さんのおかげで影を失くさずに済みました。ありがとうございます。
それにしても、よく俺の影だって分かりましたね」
「すぐ分かるわ。こんなおっちょこちょい、一人しか知らないもの」
 清水さんはくるりと踵を返し、会社に戻っていく。
 髪が風に煽られ、赤い耳と頬がチラッと見えた。
(…あ!)
 と、声を出す前に、影が一歩先に踏み出して俺より先に清水さんに追いついた。


春待つや一樹の影の紺を引き 井沢正江

b0314743_11120637.jpg

穏やかだったお正月が、もう追憶の彼方…。
夢でも見ていたんじゃないかしら?というほど、見事に寒中です。寒さの底です。
先日は二日続けての真冬日でした。
寒さの最中に降った雪は、平地でも極上のパウダースノー。
おかげで雪かきは楽チンでしたが、翌日の道路はスケートリンクのようでした。
かなり慎重に運転していたつもりですが、信号で止まろうとしてもブレーキが利かない利かない。
前に車がなかったので助かりましたが、まだまだ注意が足りませんね。
春が来るまで、本当に気をつけなければ。

写真はお正月飾りに入っていた(残りものの)柳の枝です。
日当りが良いキッチンの窓辺に置いておいたら、いつの間にか小さな芽がふくふくと膨らんでいました。
細い根まで出ています。
一足早く春を呼んでくれているようです。
このまま処分するのは忍びないのですが、かといって庭に下ろして枝垂れ柳の大木に育ってしまっても困ってしまうし…。
さてさて…。

先日、立川志の輔さんの独演会に行ってきました。
大きなホールいっぱいの観客。
その大観衆にたった一人で向き合い、大笑いさせて満足させる力量にただただ脱帽です。
志の輔さんがご自身で作った創作落語2題(古典落語かと思うほどよくできた「質屋暦」と、ゆるキャラを巡る爆笑ドタバタ劇「モモリン」)と、古典の大ネタ一題(廓噺の名作「紺屋高尾」)。
時間を忘れて大笑いさせてもらいました。
ただ、「紺屋高尾」は、全盛の花魁・高尾大夫の色気がちょっぴり足りなかった気がします。
志の輔師匠の真面目なお人柄のせいかも知れませんね。
落語も演劇もコンサートも、「生」で鑑賞できることはとても幸せです。
無駄遣いを控えて小金を貯めて(賢いお金の使い方は今年の密かな目標…)、出来るだけ多く、心に栄養がもらえる機会を増やそうと思います。




[PR]
by bowww | 2017-01-20 11:22 | 身辺雑記 | Comments(2)

紙の白さや(小寒)

 放課後、職員室に来るようにと言ったのは越知先生の方なのに、私が入り口から先生を呼ぶと、
「おう、どうした?」と驚いた声を出して立ち上がった。
 背の高い少し猫背なシルエットが、夕日を背にふわりと揺れる。
 本当に忘れていたのか、忘れたふりをしているのか。
 呼ばれたから来たのだと、素っ気なく答える。
「そうだったそうだった」
 越知先生は前髪をクシャクシャとかきあげて、私を手招きした。
 促されて、部屋の隅にある簡単な応接セットの椅子に座る。
 スプリングがへたれたソファは、とても座り心地が悪い。
 パーテーションの向こうで、ほかの先生たちが世間話をしている。
「…で、これのことなんだが」
 前屈みになった越知先生が、紙の束の中から私の英語の答案用紙を取り出す。
 モスグリーンのカーディガンの袖口には、毛玉が三つ四つくっついている。
 筋張った右手の人差し指に絆創膏を貼ってあるのは、授業中に気がついていた。
「理由、話す気あるか?」
 名前以外は何も書いていない。真っ白の答案用紙。
「答えが分からなかったからです」
「嘘つけ。英語は得意科目だろ」
「具合が悪かったからです」
「嘘だ。テストの監督は俺だっただろうが」
「……」
 先生はため息をついて答案用紙を電灯に翳す。
 日は落ちて、職員室は夜の気配に満ちている。ほかの先生たちも次々と帰っていった。
「こうやれば、お前のメッセージが浮き出てくるんじゃないか?」
「…メッセージなんてありませんから」
 先生は、ため息の続きのように笑った。
 人気(ひとけ)がほとんどない校舎に、いつもと同じチャイムが鳴る。


   指切りし紙の白さや冬旱  保坂 敏子


b0314743_13434439.jpg


毎晩のお楽しみ・晩酌用のお酒は、職場の近くにある小さな酒屋さんで調達しています。
ここ数年、元旦に搾った日本酒をこちらで入手して、幸せな新年を迎えています。
昨年までは秋田から届いたとびきり美味しいお酒をいただいていたのですが、その蔵元さんが経営方針を変えられたため、手に入らなくなってしまいました。
残念至極。。
でも、酒屋さんの「地元には美味しいお酒がたくさんある。小さいけれどとても頑張っている蔵も多い。応援というのはおこがましいけれど、そういう蔵のお酒をたくさんの人に知ってほしい。流行りのお酒を追うのではなく、『あの店に行けば、何か面白いお酒があるんじゃないか』と思って足を運んでくれるお客さんを大切にしたい」という方針をお聞きして、気持ちが晴れました。
というわけで、今年のお正月は地元の酒蔵さんの元旦絞りをいただきました。
蓋を開ける度に、「シュッポン!」と景気の良い音がします。
瓶の中でお酒が元気いっぱい息をしている証拠です。
今年も、色々な美味しいお酒と出合えるといいなぁ。

b0314743_13432299.jpg


寒の入り。
今日は、朝の冷え込みはさほどではなかったのに、お昼過ぎてからぐんぐんと風が冷たくなってきました。
冬が本気出してきた感じですね。
穏やかな年末年始だっただけに、寒さが応えそうです。
皆様もお体ご自愛くださいませ。




[PR]
by bowww | 2017-01-05 21:05 | 身辺雑記 | Comments(2)

あけましておめでとうございます

一陽来復新玉の春。

「春」という言葉を信じてしまいそうになる穏やかな元日でした。
今年は弟家族が帰省できず、静かなお正月になりましたが、電話で互いの家族の元気を確認して新年を言祝ぎました。
一日の終わりには、絵に描いたような美しい三日月と宵の明星(右のほうにある、フィルムの傷のような光の粒がそれです。ぶれぶれですね、ごめんなさい。。)。

b0314743_22003608.jpg

あけましておめでとうこざいます。
ブログでご縁が繋がった皆様、たまたま立ち寄ってくださった皆様、お越し頂きましてありがとうございます。
あたたかいコメントや「イイネ」、一つ一つが嬉しくてニヤニヤしております。
これからもご縁を大切に、読んでくださった方がちょっと楽しい気持ちになれるようなブログを、ポツポツ更新できるように頑張ります。
よろしかったら、今年もお付き合いください。


子供の頃は盆暮れ正月(含・クリスマス)が大嫌いでした。
我が家は以前、父親が小さな店を経営していました。
元々、商売の才覚など微塵もなかったのだと思います。自営業の親戚もいませんでしたから、当然、経験もありませんでした。
時代がなにやら景気良くて、若かった父は雰囲気だけで「いける」と思ったのでしょうね。
いくら時代が良くても、やはり早々に行き詰まり、私が物心ついた頃にはいつもアップアップの状態でした。
それでも私と弟、二人の子供を飢えさせることなく育て上げてくれました。
父も母も能天気な性分だったし、その頃は健在だった二人の両親やお兄さんお姉さんたち(=祖父母や伯父伯母たち)が、影になり日向になり助けてくれたおかげで、私たち姉弟はさほど切ない思いはせずに済んだのだと思います。
ただ、盆暮れ正月はいけませんでした。
8月や12月が決算期だったのか、その時期になると家中がどんよりした空気に包まれます。
借りているお金が返せるのか、暮れなら文字通り「年が越せる」のか、暗い顔をした父が部屋の隅で通帳や書類をじっと見つめているのです。
嫌だったなぁ、あの雰囲気。特に12月。
子供心にもクリスマスプレゼントやらお年玉やら、とても強請れる状態ではないと分かります。
街はキラキラしているのに、家の中はピリピリでドヨヨン。。
母と暮れの買い物に出掛けても、「そんなに買って大丈夫だろうか?ご馳走食べてもいいのだろうか?」と気が気じゃなかったのです。

その後、あれやこれやありまして。
今では贅沢こそ出来ないけれど、お正月のご馳走ぐらいはなんとか奮発できるようになりました。
暮れの買い物に出掛けて、ほかの家族のことを羨んだり、欲しいものを遠慮したりしなくて良くなりました。
それだけで、顔が緩んでしまうくらい嬉しいです。
家族が健やかで穏やかなお正月がすごくすごくありがたいです。

子供の頃は、早く大人になりたかったです。
この鬱陶しい状況を切り抜ける力を、早く身につけたいと願っていました。
…なんて、そんなハングリー精神を発揮してバリバリ励んでいれば、私も一角の人間になっていた筈なのですが、実際はただただボンヤリと年ばかり重ねてしまいました。
能天気な性分は親譲りなのでしょう。
そして、折々にたくさんの方々からたくさんの愛情と手助けを頂きました。
子供の頃の私と弟に、「真っ当に頑張れば大丈夫、なんとかなるんだよ」と教えてあげたいです。


b0314743_22005816.jpg
この靴、私が今まで買った中では一番高価なものになります。
本当は、うっとりするような美しいハイヒールを履いて闊歩するクールビューティーが憧れなのです。
が。
自分の無骨過ぎる足と雑な生活スタイルには、芸術作品のようなハイヒールはあまりに不似合いです。
ン十年生きてきて、ようやく納得しました。諦めがつきました。
この先、ハイヒールが必要になる場面はほとんどないでしょう。
私にはハイヒールで世間を駆け抜けるしなやかな強さはないし、覚束ない足元を庇ってエスコートしてくれる誰かもいません。
良くも悪くも、この足で一人で歩いていくしかありません。
だとしたら、頑丈な男前な靴の方が頼り甲斐があります。
私にとっては高価な買い物になりましたが、自分自身へのちょっとした決意表明。
丁寧に磨きながら、長く付き合っていきたいです。
…これを買ったために、冬のセールの誘惑を断ち切る(…断ち切らざるを得ない)という効用もありました…。


大切な人を大切にしよう。大切にできる力をつけよう。
そのためにまず、自分が健やかであろうと思います。



[PR]
by bowww | 2017-01-01 22:03 | ご挨拶 | Comments(0)