<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

目にはさやかに見えねども(処暑)

パソコンのディスプレイから、ふと目を上げる。
雷?いや、花火の音?
そうだ、今夜は市街地の花火大会だった。
ブラインドを上げる。
光の玉がいくつも空に駆け上り、ふと暗闇。一瞬のちに開花。
赤、青、緑、金の光。
無造作なようでいて緻密な図形を夜空いっぱいに描いて、再び暗闇。
そこでやっと、音が追いつく。
残業の手を止めて、光と音がばらばらに届く花火を眺める。
何年もここで働いているのに、これほど街の花火が見えるとは知らなかった。
後ろで同僚が、「花火はやっぱりビール片手に見たいよな」とぼやく。
まったくだと思う。
あの花火の下では、家族連れや仲間同士、カップルが楽しげに空を見上げているのだろう。
その賑わいまでは届かない。
窓ガラスに映るオフィスには、私を含めて三人しか残っていない。
細かい作業で軋むように痛む目を、遠くの花火で休ませる。
一際大きな金色の花火が、五つ六つと続けざまに上がる。
散らかった火の粉の一つ一つが瞬くように輝いて、夜空に吸い込まれていった。
チリリ…リリリ…。
金の鈴の音が聞こえた気がした。
「一色(ひといろ)だけの花火もいいもんだな。なかなかシックだ」
窓ガラスには、私と並んで腕組みをした先輩が映っていた。
「…そうですね。今のは散り際も良かったですね」
「お、次もでかいな」
先輩は上機嫌で続ける。
「女の子はさ、浴衣で二割増し、花火を見上げる横顔で三割増し。つまり浴衣着て花火大会に行けば、合計五割増し可愛く見えるんだぞ」
「それはかなりポイント高いですね」
「だろ?お前も気になる奴がいたら、花火大会に誘え」
私はガラスに映る先輩を睨みつけた。
「…先輩を誘うつもりだったんですよ。浴衣も買っておいたのに」
先輩がちょっと俯いた。
「…悪かったな」
私の頭を軽くポンと叩いて、先輩は消えた。
死んでからも、言いたいことだけ言って去っていく。
相変わらず勝手な人だとため息をついてから、思わず笑った。

光の玉がいくつも空に駆け上り、ふと暗闇。一瞬のちに開花。
赤、青、緑、金の光。
再びの暗闇。


  死にし人別れし人や遠花火  鈴木真砂女


b0314743_22423800.jpg

b0314743_22514922.jpg




半分だけ実話です。

花火大会に行ったことがありません。
人混みが苦手な両親(特に父親が短気で、混雑した場所が大嫌い)に育てられたせいか、大きなイベントや遊園地などにはほとんど行った記憶がないのです。
そのため、混雑するというだけで行く気が失せてしまう人間になってしまいました。
若いときは、多少ムチャをしても賑やかな場所に行くべきだと、今になって思います。
「花火」=打ち上げ花火は本来、秋(初秋)の季語だったようです。
一方、「手花火」は夕涼みに合わせて晩夏の季語。
でも最近は、「花火といえば夏真っ盛りでしょ!」という人も多くて、夏の季語とする歳時記も増えているとか。
季節の感じ方は移ろっていくものですよね。

  夜は秋のけしき全き花火かな  加舎白雄


夏はお盆があるせいか、亡くなった親しい人たちが特に懐かしく思い出されます。
祖父祖母伯父伯母に、お世話になった方々。
もっと優しくすれば良かった、もっと恩返しするべきだった、もっと話したかった、もっと、もっと…。
懐かしさや感謝の気持ちに、「もっと」という小さな後悔も混じります。
大切な人を大切にしよう。
年を重ねるほど、しみじみと思うようになりました。
山国の夏は、鉄鍋を空焚きするようにじりじりと暑いけれど、あっという間に過ぎ去ります。
すっかり秋の気配。
太平洋側から北海道にかけて、台風が大暴れして過ぎていきました。
どうか今年はこれ以上、大きな被害が出ませんように。


[PR]
by bowww | 2016-08-23 22:52 | 身辺雑記 | Comments(4)

猛暑お見舞い申し上げます(立秋)

…ああ、まただ。
子供の頃から、繰り返し見る夢がある。
妹が僕を捜している。
僕には兄しかいない。
それなのに、夢の中の妹は確かに僕を捜しているし、僕はそれを知っている。
人っ子一人居ない百貨店で、学校で、マンションで、遊園地で。
僕を捜している。
華奢な背中の真ん中まである髪は、緩くふんわり波打っている。
髪を飾る深紅のリボンだけが、色褪せた風景の中で鮮やかだ。
「お兄ちゃん、どこ?置いていかないで」
澄んだ声が悲しげに響く。今にも泣き出しそうだ。
ここだよ、ここにいるよ。
呼ぼうとしても声が出ない。足が動かない。
腕だけが、もどかしく空(くう)を掻く。
ふと気がつく。
僕は、妹の顔を見たことがない。
首筋にひんやりとした風が触れる。
僕は息を潜める。
少女は足を止めた。
あれは誰だ?
少女はゆっくりと首を傾げている。
僕は後じさりしながら、でも、深紅のリボンから目が離せない。
「お兄ちゃん!」
少女の声が、嬉しそうに弾んだ。

目が覚める。

ねっとりとした汗が頬を伝い、胸を伝う。
目の奥がじくじくと痛い。
少しだけ昼寝をするつもりが、寝過ごしたらしい。窓の外は暮れ始めている。
見ている間に、隣家の庭のカンナががくりと首を垂れた。


   あかくあかくカンナが微熱誘ひけり  高柳重信

b0314743_21565274.jpg


b0314743_22521812.jpg



暑い立秋となりました。
日本全国、猛烈な暑さが続いていますね。
今年は例年よりも梅雨明けが遅かった上に、なんだか湿気がいつまでも居残っているようです。
今日の夕方の空は、熱を孕んだような色でした。
この辺りは普段なら、もう少しカラッと暑くなるはずなのに。
それでも、今日は一日、窓もカーテンも開け放ったままにしておきました。
部屋を熱い風で漂白した気分。

夏はどうも、押しが強い生命力いっぱいの花が多いような気がします。
カンナ、ケイトウ、サルビア、マリーゴールド、ヒマワリ、サルスベリ、キョウチクトウなどなど。
涼しげな朝顔は、朝のうちに萎れてしまいますし。
強い陽射しに負けないように咲いていれば、自然と強気な花になっていくのでしょうね。
ちなみにカンナは、秋の季語だそうです。

暑い暑いといいながらも、夜になれば風が少し涼しくなります。
あんなに大合唱をしていた蛙はすっかり鳴りをひそめ、気がつけば虫の音に変わっています。
本当の秋が来る前に、スイカや桃、プルーンに葡萄をたっぷり食べておかなくちゃ。
毎夏、山盛りのかき氷に憧れるのですが、職場の冷房がとてもキツくて冷たい物を食べる意欲が萎えてしまうのです。
冷えた果物がちょうどいい。
キュウリに茄子、インゲン、枝豆、トマト、ズッキーニ…と夏野菜も大好きです。
夏は気がつけば、にわかベジタリアンになってしまいます。
キリギリスじゃあるまいし、肉や魚を食べなくちゃいけないとは思うのですが…。
でも、唯一食べたいと思う鰻は、あまりに高級品になってしまって、なかなか口に入らないんですよね。
鰻の完全養殖が早く実現しますように。

残暑は厳しく、長引くようです。
皆様も、どうぞご自愛くださいますように。

[PR]
by bowww | 2016-08-07 22:52 | 身辺雑記 | Comments(4)