<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

穀雨

「ここに来れば、会えると聞いたんですよ」
 初老と呼ぶにはまだ早いでしょうか。
 霜降りグレーのハイネックのシャツに、紺色のカーディガンを柔らかく羽織った男性です。
 人懐こい大きな瞳と快活な声の持ち主です。
 私は泉の周りの枯れ葉を寄せ集めていましたが、彼の声が気持ち良かったので手を止めて答えました。
「…どうでしょう、こればかりは運のようなものでして…」
 男性は落胆して、そのまま泉のほとりにしゃがみ込みました。
「遠くからおいでですか?」
 とても疲れている様子なのに、それでも笑みを浮かべて男性は頷きました。
「どなたとお会いするおつもりでした?」
「妻と」
 笑みが一段と深くなりました。
 私は桜の枝で作ったコップで泉の水を汲み、男性に渡しました。
「さぞかしお疲れでしょう。喉も渇いておいででしょう」
 男性は両手で受け取ると、一気に飲み干します。
「うまい。うまいなぁ」
 瞳の輝きが戻りました。
「おや、水仙がこんなに…」
 やっと人心地がついたのか、男性は辺りを見回し感嘆の声を上げました。
 滾々と湧く泉を覗き込むように、数多の金色の水仙が風に揺れています。
 柔らかな光が、薄い花弁の上でさんざめきます。
「見事なものですね。彼女に見せてやりたい。花見なんて連れて行ってやったことがないんですよ」
「お忙しかったんですね」
「好き勝手やらせてもらいました。妻のおかげです」
 水仙の金色が眩しいとでも言うように、男性は目を細めました。
「これから恩返しするつもりだったんですよ。…そんなこと言えばきっと、『あなたの“つもり”なんて、あてにできません』って叱られるだろうなぁ」
 男性は泉を覗き込みました。
 風が少しだけ強く吹きました。水面に細波が広がります。
「天気が崩れるのかな。
…彼女、夜の風が嫌いなんです。ザワザワして不安になるんだって。今夜は静かな夜だといいんだけど…。
そうだそうだ、キッチンの窓がガタつくから直してくれと言われてたんだった。テラスの掃除もしなきゃいけなかったなぁ」
 清水が湧く音以外、何も聞こえてきません。ここはとても静かなのです。
 私は自分の仕事に戻りました。男性の取りとめない独り言と、落ち葉を片付ける乾いた音が響きます。
「待っていれば会えますか?」
「はい。いつかは必ず会えるということです」
「それで、あなたは会えたんですか?」
 私はそっと首を横に振りました。
 私には会いたい人がいないので。
「…おっ!」
 男性は泉に身を乗り出しました。愛しい人の影がよぎったのでしょう。
 一瞬のことなのです。
「…ここで待たせてもらってもいいでしょうか」
「どうぞどうぞ。ごゆっくりなさってください」
 彼は私を振り返って、嬉しそうに微笑みました。

 白い水仙が一輪、仲間入りしました。
 泉を覗き込むように咲いています。
 幸い風は止み、でも、銀の絹糸のような雨が降り出しました。
 あたたかな雨が木立の梢を濡らし、葉や花をつややかに湿らせ、乾いた地に沁み込んでいきます。
 やがてこの雨は地の奥深くを巡って、何処かの泉に湧き出るのでしょう。
 今はとてもとても静かです。



穀雨=4月20日〜5月4日頃
初候・葭始生(あしはじめてしょうず)次候・霜止出苗(しもやんでなえいずる)末候・牡丹華(ぼたんはなさく)


b0314743_02254678.jpg

桜が満開になるちょっと前に、とても大切な方が突然、居なくなってしまいました。
つっかえ棒を一本、取り上げられてしまった気持ちです。
残されたご家族やご友人の皆さまのお気持ちを想像するだけで、息が苦しくなります。
人生や大切な人たちを、とてもとても愛された方でした。
あまりに急なことでしたから、きっとご本人が一番、びっくりされているんじゃないかな。
叶うことなら、もう一度お会いしてお喋りしたい。
会いたいなぁ。


次回は5月5日「立夏」に更新します。
 
 


[PR]
by bowww | 2016-04-20 10:26 | 作り話

清明その2

【前回からの続きです】


 雅樹さんを送り出した後で、テキパキと家事を片付けてから一息入れるのが、葉子さんの日課です。
 コーヒーの香りに包まれながら、頬杖をついた葉子さんは考えました。
 浮気かも知れない。
 あんなに上機嫌な夫を見たのは久しぶりです。僅かとはいえ、帰宅時間が遅くなったことも気になります。
 そして何より、あの花の香り。
 上等な香水かも知れないと、念入りに嗅ぎ分けようとした途端に、するりと溶け去ってしまうのです。
「…買い物のついでに…」
 ついでのフリをして、市役所に回ってみようと思いつきました。
 手元のコーヒーは、すっかり冷めていました。

 市役所の庁舎で葉子さんは、「緑地・公園課」の窓口は四階にあることを案内板で確認しました。
 エレベーターに乗ろうとして、足が止まりました。
 もし雅樹さんが窓口近くにいれば、葉子さんにすぐ気がつくでしょう。見つかったら、何と言い訳すればいいのか。
 立ち止まった葉子さんを見て、胸に「ご案内係」と札をつけた女性職員が近寄ってきました。
「どんなご用件でしょうか?転入届などでしたら、住民課にご案内しますが」
「…いえ、違うんです、あの…そのね。……お手洗いはどちらでしょう?」
 案内係はにっこり笑うと、「こちらになります」と近くのトイレまで付き添ってくれました。
 最近の市役所は本当に親切になったものだと感心しつつ、葉子さんはトイレの鏡の中の自分を見て、ほっとため息をつきました。
「…馬鹿らしい」
 葉子さんはジャブジャブと手を洗って、このまま家に帰るつもりでトイレを出ました。
 玄関の方を見ると、雅樹さんが居ました。若い男性職員と話しながらこちらに歩いて来ます。
 葉子さんは慌てて柱の陰に隠れました。
 二人は葉子さんに気づかないまま近づいて来ます。
「…課長のおかげです、助かりました」
「いやいや、こちらこそ助かったよ、ありがとう」
「今度、一杯ご馳走させてくださいよ」
「俺、飲めないからね。うまい昼飯の方がいいなぁ」
 二人は笑いながら、葉子さんの前を通り過ぎました。
 葉子さんは二人の背中を見送ってから、市役所を後にしました。
 雅樹さんはやっぱり、ちゃんと働いています。仕事のふりをして何処かの女性と会っているわけではないようです。
「ほんと、馬鹿みたい」
 葉子さんは自分に腹が立って仕方がありません。
「…あの人、ちゃんと若い人に冗談も言えるのね」
 雅樹さんは家で見るよりも若々しかったと、ふと思いました。

 もう疑うのは止めようと思った葉子さんですが、一人で夕飯の用意をしていると、またソワソワし始めました。
 今夜もあの香りがまとわりついてくるのだろうか。
 そう思うだけで落ち着かなくなりました。
 時計を見ると、五時過ぎです。
「…そうだ、卵。タイムセールだったわ」
 財布と買い物袋をつかみ、適当なコートを羽織ると、葉子さんはスーパーに向かいました。
 簡単な買い物を済ませて、雅樹さんが乗り降りするバス停留所に行ってみました。
 ちょうどバスが到着して、数人が降りてきました。
 見慣れた雅樹さんの姿を見つけると、葉子さんはそっと後をつけました。
 大股で歩く雅樹さんの背中を見ながら、何処で声を掛けようかと葉子さんが迷っているうちに、不意に雅樹さんの姿が脇に逸れました。
 辺りは黄昏時、街灯が灯り始めた頃です。
 葉子さんはびっくりして、足を速めました。

 公園と呼ぶにはあまりに狭い、道路と水路と住宅に挟まれて取り残された三角形の空き地に、雅樹さんは居ました。
 空き地には、一本の大きな枝垂れ桜がありました。
 八分咲きほどの枝を思うままに広げ、小さな空き地に花の天蓋を作っています。
 宵闇が濃くなる中、そこだけはぼんやり発光しているかのように明るいのです。
 雅樹さんは桜の根元に置かれたベンチに腰掛け、花天井を嬉しそうに見上げていました。
 無数の花枝がカーテンのように雅樹さんを包み込み、風もないのにゆらんゆらんと揺れています。
 一本の枝が、しなやかに雅樹さんの背中を撫でました。
「…あなた!」
 葉子さんは思わず叫びました。
 雅樹さんは飛び跳ねるように立ち上がりました。
「…びっくりした!どうしたんだ、こんな所で?」
「…卵。タイムセールだったから…」
 葉子さんは上の空で、買い物袋をかざして見せました。
 雅樹さんは空き地から出て来て、誇らしげに桜を指差しました。
「見事だろ?樹齢百年にはなるらしいんだ。
 去年、邪魔だという苦情が市役所に寄せられてさ、調べに来てみたらこんな立派な桜だろ?
 切ってしまうのはあまりに惜しいと思って、地域の皆さんに頼み込んで残したんだ。
 少しでも見栄えのいい場所にしようと、仕事のついでに雑草を刈ったり、花壇を作ったりしているうちに愛着湧いちゃってさ」
 よく見れば、小さな花壇にムスカリやヒヤシンス、スイセンも咲いているようです。
 枝垂れ桜は身じろぎもしません。
「樹木医さんに診てもらったせいか、今年は一段と花の付きがいいんだよ」
 樹木医のせいではないと思う。
「…本当に見事。
 …そうだ、今度の週末、ここでお花見でもしましょうか?私、久しぶりにお花見弁当を作るわよ。子供たちにも声掛けてみるわ」
 葉子さんは雅樹さんを見上げながら、その後ろに控える桜に向かって言いました。
「それはいいな。少しでも賑やかにすれば、ご近所の人たちも足を運びやすくなるもんな」
 無邪気な雅樹さんの答えを聞くと、桜はざわりと枝を揺らしました。
「週末辺りが満開だろうな」
「お天気だといいわね。…さ、帰りましょうよ」
 桜に背中を向けると、葉子さんは雅樹さんのコートの袖をちょんと引っ張りました。
 そして胸の中で、(雨が降るといいな)と呟きました。
 雨で冷えれば、香りも少しは落ち着くでしょう。




清明=4月5日〜4月19日頃
初候・玄鳥至(つばめきたる)次候・鴻雁北(こうがんかえる)末候・虹始見(にじはじめてあらわる)



b0314743_01105707.jpg



「清明」という文字や響きには、もう初夏の気配が紛れ込んでいるような気がします。
花の季節から新緑の季節へ移り変わる頃。
良い季節ですね。

今年の桜はせっかちです。
暖かかったせいか、あっという間に咲いてしまいました。
大慌てで近間の桜名所(自分だけの名所も含む)を巡っています。
でも、パトロールの結果、街の桜以外はまだまだ三分咲きから四分咲き。木曜日の雨風にも耐えられそうです。
週末は魂が抜け出る程、桜に耽溺しようと企んでいます。
写真は、枝垂れではありませんが、何年も前に撮った桜。
朝も夕も夜も、桜が好きです。
今年も良い桜に会えますように。

田舎なので、見事な枝垂れ桜ポイントも幾つか知っています。
ただ、見事な桜は墓守り桜やお堂守り桜であることが多いのです。
流れ落ちる花の滝は、それはそれは美しいのですが、なんとなく写真を撮るのは憚られます。
ずかずかと土足で立ち入ってはいけない場所ってあるんじゃないかな、と思います。


次回は4月20日「穀雨」に更新します。

[PR]
by bowww | 2016-04-06 09:53 | 作り話 | Comments(0)

清明その1

 葉子さんが、夕飯の準備の手を止めて時計を見上げたちょうどその時、夫の雅樹さんが帰ってきました。
「ただいま」
「おかえりなさい」
 迎えた葉子さんは、(あれ?)と思いました。
 雅樹さんの頬が、上気したようにほんのり赤いのです。
「あなた、どこかで飲んできた?」
 雅樹さんは、きょとんと葉子さんを見返しました。
「そんなわけないさ、まっすぐ帰ってきたよ」
 確かにまだ六時半を回ったばかりです。定時に仕事を終えても、お酒を飲んでくる時間はないでしょう。
「今夜はだいぶ暖かいよ。歩いていると暑いぐらいだ」
 雅樹さんは上機嫌でコートを脱ぎました。
 葉子さんは、(陽気にのぼせたのかも知れないわね)と思いながら、コートを受け取りました。
 ふわり。
 何か良い香りがしました。
 花の香りです。
 梅?沈丁花?ヒヤシンス?薔薇にはまだ早いし…。
 今年の春は例年よりも早く暖かくなったせいか、花々が一斉に咲き始めました。
 生ぬるい風は、いつも花の香りを孕んでいるようです。
 その風が、雅樹さんにまとわりついてきたのかも知れません。
(香水ではなさそうね)
 葉子さんはわざと、女性の姿を思い浮かべてみました。そしてすぐに打ち消しました。
「何をニヤニヤしてるんだ?飯、まだなのか?」
「ごめんなさい、もう出来るわ」
 葉子さんは鍋を火に掛けながら、「あり得ない、あり得ない」と呟きました。
 
 市役所に勤めている雅樹さんは、あと五年で定年です。
 かなり忙しい時期もありましたが、「緑地・公園課」に異動してからは、ほとんど定時に帰宅するようになりました。
 五十歳を過ぎてから「健康のために」と、バス停一つ分、歩くようにしています。
 「これ」と決めると、こつこつ続けるのが雅樹さんの癖で、雨の日も風の日も、最寄りより一つ先のバス停まで歩きます。
 初めは半ば呆れながら見守っていた葉子さんですが、健康診断の数値が正常になったと聞くと、「継続は力なり、なのね」と思わず感心してしまいました。
 二人はお見合い結婚です。二人の息子に恵まれ、長男は社会人、次男は大学生です。 
 葉子さんは親しい友達に、
「公務員でしょ?遊び癖もないし、真面目に働くし…。将来安泰だなと思って結婚したの。
 気がつけば三十年。
 本当に真面目が取り柄。面白みなんてないわよぉ。
 でも、結婚なんてそんなものよね」
 と笑って話します。
 息子たちが家を離れ、夫婦二人だけになった食卓は特に会話もありません。
 中高年の夫婦なんてそんなものだろうと、葉子さんは思っていました。

 雅樹さんは、今日も上機嫌で帰宅しました。
 花の香り。
 そういえば最近、少しだけ帰宅時間が遅くなりました。
 とはいえ、夕飯には十分間に合う時間なのですが。
 花の香り。
 気にし始めると気になります。
 でも、どこかの女性と「逢い引き」するような時間はないはずです。
 花の香り。
 意識し始めると、日毎に濃く甘くなっていくようなのです。
 雅樹さんの後を追うように香る気がして仕方がありません。
「俺、そんなに臭いか?」
 雅樹さんは情けなさそうに言いました。
 葉子さんが、すごい勢いで雅樹さんのコートやスーツに消臭剤をスプレーするせいです。
 葉子さんは上手く説明できないことに苛立って、消臭剤のボトルをソファに投げ出しました。



【…続きます】


b0314743_02320206.jpg


またまた取り急ぎ。
早くも桜が咲き始めて、心がザワザワソワソワしています。


[PR]
by bowww | 2016-04-04 02:34 | 作り話 | Comments(0)