紙の白さや(小寒)

 放課後、職員室に来るようにと言ったのは越知先生の方なのに、私が入り口から先生を呼ぶと、
「おう、どうした?」と驚いた声を出して立ち上がった。
 背の高い少し猫背なシルエットが、夕日を背にふわりと揺れる。
 本当に忘れていたのか、忘れたふりをしているのか。
 呼ばれたから来たのだと、素っ気なく答える。
「そうだったそうだった」
 越知先生は前髪をクシャクシャとかきあげて、私を手招きした。
 促されて、部屋の隅にある簡単な応接セットの椅子に座る。
 スプリングがへたれたソファは、とても座り心地が悪い。
 パーテーションの向こうで、ほかの先生たちが世間話をしている。
「…で、これのことなんだが」
 前屈みになった越知先生が、紙の束の中から私の英語の答案用紙を取り出す。
 モスグリーンのカーディガンの袖口には、毛玉が三つ四つくっついている。
 筋張った右手の人差し指に絆創膏を貼ってあるのは、授業中に気がついていた。
「理由、話す気あるか?」
 名前以外は何も書いていない。真っ白の答案用紙。
「答えが分からなかったからです」
「嘘つけ。英語は得意科目だろ」
「具合が悪かったからです」
「嘘だ。テストの監督は俺だっただろうが」
「……」
 先生はため息をついて答案用紙を電灯に翳す。
 日は落ちて、職員室は夜の気配に満ちている。ほかの先生たちも次々と帰っていった。
「こうやれば、お前のメッセージが浮き出てくるんじゃないか?」
「…メッセージなんてありませんから」
 先生は、ため息の続きのように笑った。
 人気(ひとけ)がほとんどない校舎に、いつもと同じチャイムが鳴る。


   指切りし紙の白さや冬旱  保坂 敏子


b0314743_13434439.jpg


毎晩のお楽しみ・晩酌用のお酒は、職場の近くにある小さな酒屋さんで調達しています。
ここ数年、元旦に搾った日本酒をこちらで入手して、幸せな新年を迎えています。
昨年までは秋田から届いたとびきり美味しいお酒をいただいていたのですが、その蔵元さんが経営方針を変えられたため、手に入らなくなってしまいました。
残念至極。。
でも、酒屋さんの「地元には美味しいお酒がたくさんある。小さいけれどとても頑張っている蔵も多い。応援というのはおこがましいけれど、そういう蔵のお酒をたくさんの人に知ってほしい。流行りのお酒を追うのではなく、『あの店に行けば、何か面白いお酒があるんじゃないか』と思って足を運んでくれるお客さんを大切にしたい」という方針をお聞きして、気持ちが晴れました。
というわけで、今年のお正月は地元の酒蔵さんの元旦絞りをいただきました。
蓋を開ける度に、「シュッポン!」と景気の良い音がします。
瓶の中でお酒が元気いっぱい息をしている証拠です。
今年も、色々な美味しいお酒と出合えるといいなぁ。

b0314743_13432299.jpg


寒の入り。
今日は、朝の冷え込みはさほどではなかったのに、お昼過ぎてからぐんぐんと風が冷たくなってきました。
冬が本気出してきた感じですね。
穏やかな年末年始だっただけに、寒さが応えそうです。
皆様もお体ご自愛くださいませ。




[PR]
by bowww | 2017-01-05 21:05 | 身辺雑記 | Comments(2)
Commented by 11hiyo at 2017-01-10 00:44
寒い日が続いておりますね。
如何お過ごしでしょうか。
この年も明け、とうとう10日も経ってしまいました。
白紙の答案、懐かしいです。
高校生の時に零点を取り合うなんてバトルをして
 とんでもない差別教師に皆で反抗
 白紙でなく零点・・のためにメチャメチャ勉強をして
確かに学年最下位と、その後最高位を確保したのですが、
おかげで得意の物理学の成績が下がってしまったのは
いまでも苦い思い出です。
あと一回は解剖学。目も開けていられない頭痛と呼吸苦。
インフルエンザで40度を超える発熱。
名前だけ書いて提出したら・・当然零点ですよね。
人生初めての追試を受けました (・∀・)
 よほど欠席した方がよかったなと反省。
20歳未満ではお酒で気を紛らわせられないのがネック。
熱燗のお酒がおいしい季節ですね。
雪の香りがするのかしら。
Commented by bowww at 2017-01-11 01:18
> 11hiyoさま。

うっわ〜〜!なんてかっこいいでしょ、高校生のhiyoさん!
学年最下位と最高位をマークするなんて!
それもイヤな教師への異議申し立てだなんて!
はぁ…私の平凡な作り話より、よほどドラマティックです…。
そしてそして、hiyoさんは見事な「理系女子」なのですね。
私、理数系がまっっったくダメダメでして。。
生まれて初めての赤点は、ごく真っ当に受けた数学のテストでした。
数字やら化学式やら、見ただけで思考停止いたします。。
今でも、苦手な理数の授業をサボり続けて、でも明日はその試験、さてどうすればいいんだろ…という悪夢を繰り返し見ているぐらい。
二重の意味でリスペクト!です。

お酒は真冬でもキンキンに冷やして頂くのが好きなのです。
ひやりとろりと流れ込んできたお酒が、口と喉の奥でふわりと解れて香り立つ瞬間が至福。
大人になって良かったなぁ…と思っております。
雪、あっという間に溶けてくれましたが、週末にかけてかなり冷え込むようですね。
お風邪召しませんように。
コメントありがとうございました。


<< 春待つや(大寒) あけましておめでとうございます >>