林檎の香のごとく(冬至)

 くしゃくしゃになった毛布とシーツをベッドから引き剥がす。
 残っていたぬくもりと香りが僕を包む。
 僕は立ち竦む。
 激しい感情に絡めとられ、思い知らされる。
 とっくに後戻りできない場所に居る。
 僕はのろのろとベッドに潜り込む。
 褪めていく香りを掻き寄せて、もう一度眠る。


君かへす朝の敷石さくさくと雪よ林檎の香のごとくふれ   北原白秋

 
b0314743_06113072.jpg

b0314743_06114534.jpg




写真は、冷え込んだ朝の窓ガラス。北向きの窓には氷の花が咲きます。
今年の12月は、気温の上り下がりは激しいものの、比較的穏やかなお天気が多かった気がします。
おかげで窓ふきなどの掃除も、楽に終わらせられました。
とは言え、寒さの本番は年が明けてから。雪の季節もこれからです。
北原白秋のこの有名な短歌は、愛誦性が抜群ですね。
道ならぬ恋の行方もさることながら、雪と林檎の香りの取り合わせの見事さにため息が出ます。
白秋の作品はどれも、粒選りの言葉が並んでいて宝箱のようです。

親しい友人が、少し大きな病気を抱えて入院しました。
本人よりも周りの我々の方がアワアワ動揺したものの、まずは治療の第一段階はクリア。
お見舞いに行って、変わらぬ元気さにホッとしました。
治療は緩やかな長期戦になりそうですが、彼女の健やかさならきっと大丈夫。
大袈裟なことを嫌がる人なので、鬱陶しがられない程度に応援し続けようと思います。

親しい人たちとも、いつかは必ず、なんらかの形でお別れしなくてはいけなくなります。
大切な人たちを大切にしようと、つくづく思います。
クリスマスやお年取り、お正月は、特にそんなことを思う季節なのかも知れませんね。



[PR]
by bowww | 2016-12-21 06:47 | 身辺雑記 | Comments(2)
Commented by a-ki_la at 2016-12-28 23:25

神秘的ですね、2枚目は海の中の生物のように見えます
寒暖の差が大きい地域で暮らす方だけが見られる特別な花なのでしょう?
雪の結晶なども1度しか見たことがないのです

それにしても、女性の方が帰っていくのですか...むうぅぅ
情景は目に浮かぶのですが、よく読んでみてもやっぱり???が浮かびます
音に気を向けさせておいて香りに結ぶとは、なんという歌なんでしょう(笑)
白秋という方は天邪鬼な方だったのかも~なんて
ワタシはやっぱり不粋なのでしょうね...

今年も一年、楽しませていただきましてありがとうございました。
この年末は休みの少ない日並びを呪いながら(笑)、ワタシの方はブログ仕舞いです。
どうぞ佳いお年をお迎えくださいませ。
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by bowww at 2016-12-30 01:16
> a-ki_laさま。

こんばんは。コメントありがとうございます♪
氷の花、以前住んでいた寒〜い家では、もっともっと華やかに咲きました。
その家はオンボロ家で、お風呂に換気扇などついていないので、窓を開けて湯気を抜いていました。
真冬は、髪を乾かしてから窓を閉めようと風呂場に戻ると、窓は既にガリガリに凍り付いて閉められないという…。(仕方がないので、お湯をぶちまけて一瞬溶かして何とか閉めるという荒技を繰り出します)
そんな夜の翌朝は、ガラス一面にそれは見事な花が咲くんですよ。
この写真は、オモチャのマクロレンズをiPhoneにくっつけて撮ってみました。

白秋さん、人妻と恋に落ちまして、人目を忍んで逢瀬を重ねたそうです。
一人で帰すのは忍びないけれど、二人一緒にいるところを見られるわけにもいかないし…。
雪よ、せめて…という切ない願いを込めたのでしょうか。
ちなみに私が思い浮かべた情景は、クールな女性がさらりと立ち去った朝、です♪

a-ki_laさんのブログが更新されると、いそいそとお邪魔しております。
そして、美しい写真に「うわぁ♪」とコメントを残そうと思うと、あっという間に皆さんが素敵なメッセージを書き込まれていて…。
幼稚な感想しか残せないので、ついつい「読み逃げ・鑑賞逃げ」しております、ごめんなさい。
これからも、人垣の間からこっそり覗き見るように(…ストーカー?)、お邪魔させていただきますね。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいね。


<< あけましておめでとうございます 華やげる(大雪) >>