秋の月

昼間は雲一つない晴天。
夜は冴え冴えとした月明かり。
こんなに気持ちのよい週末は本当に久しぶりでした。
旧暦九月の十三夜は「後の月」。
栗名月、豆名月と呼ばれるそうですね。
この月は、もうちょびっと太った十四夜。
でも、満月よりはほんのちょびっと痩せてる小望月です。
b0314743_10302511.jpg

実際はこんな風に見えました。

b0314743_10303578.jpg

数ヶ月前、勤務先近くのガソリンスタンドで給油しようと立ち寄ったら、店員のお兄さんが、
「もしかしたらマフラーに穴が空いてるかもしれません。そういう音がします。放っておくと、最悪、走っている最中にマフラーが落ちるかも…」と教えてくれました。
慌てていつもお世話になっている工場に車を見てもらったところ、お兄さんが言った通りでした。
マフラー1本を替えてもらって思いがけない大きな出費になりましたが、もうすぐ走行距離10万キロの老体なので、メンテナンスは仕方がありません。
大事になる前で良かったです。
今日、そのガソリンスタンドに寄ったら、教えてくれたお兄さんが居たのでお礼を言うことができました。
「それは良かったです!」と、お兄さんがとても嬉しそうに笑ってくれたので、こちらまで良い気分になりました。
毎日の仕事の中で、誰かから感謝してもらったり労ってもらったりすると、それだけでちょっと報われた気持ちになります。
お兄さんもお仕事帰りに、「疲れたけど、ちょっとだけ良いことあったな」と思ってくれているといいなぁ。
少なくとも私は、ちょっと良い気分で晩酌できました。
ちょっとずつ、ちょっとずつ。
良い気分貯金。



[PR]
by bowww | 2016-10-16 23:43 | 身辺雑記 | Comments(0)


<< 晩秋の大きな木(霜降) 花野かな(寒露) >>