花野かな(寒露)

 ともに行く人はいない。
 この広野に、延々と伸びる道を一人で行くのだという。
 どこに辿り着くのか、教えてくれる人もいない。
 途方に暮れながら、足を踏み出す。

 どれぐらい歩いたのか。
 控えめな華やぎにふと気がつき、立ち止まり、野を見晴るかす。
 乾いた草の匂いが立ち、草の実がちくちくと触る。
 橙、黄色、朱色に白、紫。
 小さな花々。
 金色はエノコログサの穂が孕む日の光。

 手放してきた懐かしいものたち。
 終わりはこんなにも美しい。


  ふところに入り日のひゆる花野かな 金尾梅の門


b0314743_02544192.jpg


b0314743_02545616.jpg


9月はほとんど青空を見ないまま終わってしまいました。
大きな台風が、木をなぎ倒し、林檎や梨を振るい落として過ぎていきました。
さて、やっと青空…と思ったら、再び続くグズグズ曇り空。
壁の向こう側を、背伸びして覗き込むような気持ちで週間予報を見ています。
特にお出かけの予定はないのだけれど、お日さまマークが心底恋しいです。

我が家の裏手は空き地になっています。
いずれは宅地になるのでしょうが、もう暫くは広々とした眺めを楽しませてもらえそうです。
そういえばこの空き地、近所のツバメたちの幼稚園になていました。
子供ツバメたちが、大人たちに教わってグルグルグルグル飛び回っていたのです。
あのツバメたちも、いつの間にか旅立っていきました。
今年は空き地との境界に、ミゾソバ(溝蕎麦)の花がたくさん咲きました。
水路や湿地に群生する植物で、ソバに似ていることから、「溝(水路)に咲く蕎麦の花」と名付けられたようです。
名前はイマイチ地味ですが、可愛らしいピンクの花が咲きます。
母が「こんなに可愛い花だとは気づかなかったね」と、ちょいちょい摘んできては空き瓶に挿して飾っています。
金平糖みたい。
きっと、母がいなくなっても、この花が咲けば母を思い出すんだろうな。
…いえいえ、まだまだ元気ですけれど。


b0314743_02555627.jpg

b0314743_02561231.jpg


年を重ねるごとに、「寒い冷える冷たい」が苦手になります。
普段まっったく運動をしないので、新陳代謝が落ちているのだと思いますが、とにかく体が冷えると途端に調子が崩れます。
なにより、冷えるととても悲しい惨めな気持ちになります。
ハラマキ(「ほぼ日」オリジナル。おしゃれな柄で嬉しくなります)と、小さな使い捨てカイロは、年間を通しての必需品。
どこか具合が良くないな、と思ったらとにかく温める。
そして、胃の動きが鈍いときは、白湯を飲みます。
大橋鎮子さん(「とと姉ちゃん」のモデルですね)のエッセイに、白湯の効用が書かれていたのです。
白湯が流れ込むと、喉から胃がじんわりあたたかくなって、お腹全体がホッと緩むのが分かります。
ありがたやありがたや…と、思わず呟きそうになります。
…嗚呼、こうやっておばあちゃんになっていくのですね。。
でも、秋冬はきれいな色のニットを着たり、ストールを巻いたりできるので、嫌いではないのです。
穏やかに、冬の準備を始めたいですね。


[PR]
by bowww | 2016-10-08 10:42 | 身辺雑記 | Comments(4)
Commented by a-ki_la at 2016-10-12 21:25
こんばんは。ミゾソバ、先日、美鈴湖のほとりにたくさん咲いているのを見ました。とてもキレイでしたよ。
赤い実はハナミズキの実でしょうか?
我が家の柿の木の実は今年は色づきが浅く、いつもに増して美味しそうに見えません。
柿もぎと後始末(落ち葉で近隣に迷惑を掛けないように葉と枝を落します)が
1年のうちで一番嫌いな家の行事です。年末の大掃除よりも嫌い。

ワタシはどちらかといえば暖房でのぼせやすいので(更年期ともいう)
半袖インナー×一重のジャケットで過ごせる今が一番好きな季節。
冬の巻物や襟の高い服に備え、髪を短くするのもこの季節です。
周りからは、寒くなるのになんで切るか?と言われます。(笑)
雑談、長々失礼しました m(_ _)m
Commented at 2016-10-12 21:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bowww at 2016-10-13 01:38
> a-ki_laさま。

こんばんは♪
ミゾソバ、小さな控えめな花ですが、群生しているときれいですよね。
母が摘んできてくれたおかげで、じっくり観察。
金平糖のような状態は蕾らしく、開くとそれはそれは精巧な星形の花になるのです。
もうすぐ花の季節も終わり。来年もたくさん咲くといいなぁと思っています。
ハナミズキの実、珊瑚玉みたいですよね。
秋冬は、赤い実を見かけるとつい近寄ってしまいます。
柿は若葉が美しいですが…そうですよね、落ち葉対策が大変。。
家を建てたとき、木陰を作ってくれる木を植えたかったのですが、手入れのことを考えて我慢しております。

夏の間はひたすら冷房をしのぐだけの服装(=Tシャツにカーディガン、チノパン)だったので、秋冬は少しは小ぎれいな格好をしたいのです。
そしてそして、私もショートボブですので、タートルネックに備えて「短めに!」と美容院で注文しております。
寒くて長い冬(こちらは本当に長い。。)、少しでも楽しみを見つけて支度したいと思います。
楽しいコメント、ありがとうございました♪
Commented by bowww at 2016-10-13 01:46
> 鍵コメさま。

こちらこそ、本当にありがとうございます♪
春先にしても秋にしても、青空や日の光につい浮かれてペラペラした格好をしていると、夜になって冷えていることに気づくのです…。
それでも、今の季節の澄んだ空気は別格。
温めながら、ちゃんと味わおうと思っています。

毎日、素敵な風景に出合えることを楽しみに、ブログに訪問させていただきますね。
よろしくお願いいたします。


<< 秋の月 つかの間の青空 >>