二つの展覧会 (夏至)

作り話は暫く放置。
細々と身近な出来事を書けたらいいな、と思っています。
今回は4〜5月にかけて足を運んだ展覧会のお話です。
…タイミングを全く逸してしまったのはご容赦ください。。


まずは5月に伺った写真のグループ展。
「自由な発表 ゆたかな交流」と銘打ち、11人の方々が作品を持ち寄って開く「我風展」です。
今年で4回目、回を重ねるごとに参加者が増え、内容もより一層豊かになっていくようです。
モノクロ、カラー、人物、風景、静物…と、テーマもテクニックも多種多彩。
主宰は、こちらでご縁を頂いたhiyoさん。
hiyoさんの求心力の賜物だと思うのですが、これだけ個性豊かな方々の集まりなのに、印象がガチャガチャとならないのです。
作品たちが、互いを尊重し合いながらも、伸び伸びと楽しくお喋りしているような雰囲気。
作者の皆さんが日替わりで会場に居られて、来場者とコミュニケーションを取られていたせいもあるとは思うのですが、閉じられていない風通しの良さを感じました。
職場の同僚が二人参加していて、彼と彼女の「素の部分」を覗き見るというちょっと悪趣味なワクワクも楽しみました。
そしてもちろん、hiyoさんとお会いできることもワクワク。
今年も素敵な笑顔と、あたたかな言葉のパワーをプレゼントして頂きました。
来年の我風展の進化が今から楽しみです。
hiyoさんが丁寧に書かれた我風展レポートはこちらです→我風展オフィシャルサイト

b0314743_11033862.jpg


そして4月の末に母を連れて行ったのが、猛烈な人出で話題になった「生誕300年 若冲展」(於・東京都美術館)です。
週末や会期末になると、会場に入るまで3〜5時間、会場内は殺気立つほどの混雑だったようです。
私は始まって一週間の平日、午後2時過ぎを狙って行ったため、40分程度で入場できましたが、それでもかなりな賑わいでした。
お目当ての絵の近くになんて、なかなか寄れません。
で。
上野駅に着いたらすぐ、近くのヨドバシカメラに飛び込み双眼鏡を買いました。
単眼鏡レベルの焦点距離50センチ〜という優れもの(予め調べていったのです)。
展示会場で双眼鏡なんて…と思うなかれ、若冲の超絶技巧をこの目で確かめたいじゃないですか。
結果、大混雑の中で私なんぞを気にかける人なんていませんし、数多の頭越しでもちゃんと超微細な筆跡を観察することができて大満足。
これからは美術展のお供にしようと思います。
さて、展示内容。
若冲の絵を見ると、どういうわけだか嬉しくてたまらなくなるのです。
今回の目玉は、なんといっても「動植綵絵」30幅と「釈迦三尊像」3幅が一堂に会するという豪華絢爛な展示室。
難しいことは抜きにして、そこに居るだけで、ただただ美しいもののパワーに打ちのめされます。
たぶん私が展示会に行くのは、「もの凄いもの(美とか技法とか作者の思いとか…)」に、完膚なきまでに圧倒される快感を味わうためなのだと思います。
ミーハーな鑑賞者ですが、行って良かった。

b0314743_11035696.jpg

ふと、色々な場面で「あれ(あの人)は嫌い、これは趣味じゃない、それは興味ない」と決めつけていることに気がつきました。
若い頃はそんな心の動きを、何か価値のある「こだわり」と思い込んでいました。
でも、そんなこだわりは自分を狭めてしまうだけですね。
トシを取れば取るほど、心はゴワゴワ強張ってしまいます。
食わず嫌いは損。
肝に銘じて、今までは見向きもしなかった(もしくは見ぬフリをしてきた)ことも面白がりながら齧ってみたいと思います。

…でも、最終的には「夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり(三橋鷹女)」ですけれど。



[PR]
by bowww | 2016-06-21 11:04 | 身辺雑記 | Comments(2)
Commented by 11hiyo at 2016-06-21 23:05
oriさん

素敵な記事をありがとうございます。
ようやく書き上げたのですけれど、どこでスイッチが入ったのか、ひどく長文のレポートになってしまいました。
削ぐことが苦手なのでしょうね。
あとで読み返して青くなったり赤くなったり・・
全部読んで下さったとのこと、とても嬉しいです。
 もっとも赤ペン用意しておけば良かったかも・・

皆様、いろんなことを考えて日々を過ごし、我風展に参加しています。そのいろんなことが会場で開示される時のわくわくがたまらなく面白いです。
やりたい事をやれたという、そういう展示としてこれからも発展してくれれば良いなと思います。
なによりも表現の自由を担保されることで、
時代を牽引する新しさを産む原動力になってくれたらなあと願っています。
 ちょっと偉そうかな。
微力ながらそのために尽くしていきたいなと思います。

少しの時間でしたけれど、貴重なお話を聞かせていただきました。
あれ以来、岩魚を見ると笑いが止まりません。
懸命というのは端で見ていると意外と滑稽ですけれど、
懸命になれるからこそ生まれてくるものがあるのでしょうね。
二つの宝に接せられたのも幸せでした。
それぞれにファンがいて、希望を生み出していること
学びになりました。
コーヒーの香り、今日もギリギリ?
どんな日にもその香りに温かさを覚える応援団がいるから、宝物は宝物であり得るのでしょうね。
小箱には自分が入れたもの意外もいつの間にか詰まっていきそうです。
人生の味であり、楽しみかしら。

嬉しい夏至のプレゼントでした!
またお目にかかれる日を楽しみにしています。
ご活躍をお祈りしています。
ありがとうございます。(また長文…)
Commented by bowww at 2016-06-23 01:00
> 11hiyoさま。

こちらこそ、本当にありがとうございます。
…いや、違う、まずは、こんなに時機を外してしまったことをお詫びしなくては。。
グズグズしておりまして、本当に申し訳ありませんでした。

会場で作品を楽しんで、hiyoさんのレポートを読んで余韻を楽しんで…と、一粒で二度美味しい我風展でした♪
特に同僚二人へのあたたかい解説、なんだか自分のことのように嬉しくなってしまいました。
「○○教室の生徒作品展」などはとてもお行儀良く整っていて、それはそれで素敵なのですが、我風展はジャズのセッションのような、作品と作品、人と人が出会ったことで生まれる面白さがありますよね。
hiyoさんのレポートで、私にとっての我風展の印象がぐっと奥行きを増しました。
準備から後片付けまで、楽しくも超お忙しい日々だったかと思います。
パワフルかつ濃やかな行動力、見習わなくては。

年を重ねて、どんどんお節介度が増していきます。
職場でも、年下の人たちの役に立てたらいいな、と考えるようになりました。
特に真面目に骨惜しみせず働く後輩は宝物、「うんと楽しいことがありますように」と願わずにはいられません。
…というワケで、お小言を言うのも愛情と思って頂きたいなぁ…いや、思えないよなぁ。けぶったいだけだろうなぁ。。
なんていう話、たくさんしてしまいました。

そうそう、hiyoさんも若冲がお好きなんですね♪
若冲って、描く技術も然ることながら、一体全体どんな「目」を持っていたんだろうと思います。
顕微鏡のレンズでも嵌っていたのかしらん。

また色々なお話ができたらいいな、と願っております。
まずはお礼とお詫びまで。


<< おもちゃレンズ(小暑) 芒種 >>