霜降

 駄菓子屋のおばあさんが死んじゃった。
 去年の冬の初めに風邪をひいて、「しばらく休みます」と書いた紙がシャッターに貼られて、僕らはきっとすぐに開くだろうと思っていたけど、貼り紙が黄ばんで破れ破れになってもおばあさんは元気にならなくて、春が来る前に死んでしまった。
「ばあさん、あんなに丈夫だったのにな」
 店の前で孝介君が赤い目をこすった。
 僕と明里(あかり)ちゃんは、黙って孝介君の後ろに立っていた。
 孝介君は店に行っては、おばあさんにいたずらをして叱られて、「クソババァ」とかヒドイことを言ってもっと怒られていた。
 孝介君は宿題をしてこないし、授業中も隣の席の人の邪魔をするし、弱いくせにすぐケンカするし、いわゆる「問題児」と言われちゃう子だけど、幼馴染みの僕と明里ちゃんとは仲良しだ。
 だから僕たちは、孝介君が本当はおばあさんのことを大好きだったのを知っている。
 孝介君の家にはお父さんが居なくて、お母さんが夜遅くまで仕事をしている。
 誰も居ない家に帰るのが嫌で、駄菓子屋に行っていたんだ。
 一人暮らしのおばあさんも、本当の孫みたいに手加減なしで孝介君を叱って(時々げんこつも飛んでいた)、可愛がっていたんだと思う。
 僕たちは黙ったまま、孝介君を真ん中にして家に帰った。

 桜が咲く頃、おばあさんの息子の嫁だという人(向かいに住むおばさんが教えてくれた。「おばあさんが元気な頃は、滅多に顔も見せなかったのにね」って)が来て、店の前でおじさんたちと話していた。
 もうすぐ夏休みが始まる頃、或る朝、店の前にショベルカーが止まっていた。
 僕は何かが起こりそうで気になったけど、遅れそうだったからそのまま学校に行った。
 帰りは孝介君と明里ちゃんと一緒だった。
 好きなアニメの話をしながら歩いていると、孝介君が急に立ち止まった。
 駄菓子屋が、ぽっかり空き地に変わっている。
 店もおばあさんが住んでいた家も、夢だったみたいにきれいさっぱり消えてしまった。
 孝介君は、ぽかんと口を開けて突っ立っていた。
「駐車場にでもするんじゃないかねぇ。アパートにするには敷地が狭いでしょ」
「息子さん、どうしてるのかね。お葬式以来、姿見ないけど…」
「さぁ。気が強い嫁さんの言うなりになってるんじゃないの?」
 向かいのおばさんが、もう一人のおばさんと立ち話をしていた。
「あ!」と、明里ちゃんが空き地の隅っこを指差した。
「貴(たか)ちゃん、あそこ。あれ、ナデシコじゃないかな?」
 目を細めて見てみると、ピンクの花が揺れている。
「そうだね、花は残ったんだ」
 おばあさんは花を育てるのが好きだったから、小さな庭にはいつも何か咲いていた。
「もしかしたら、種や球根が埋まっているかも知れないね」
 僕が何気なく呟くと、孝介君がくるりと振り返った。 
「俺、いいこと思いついた!」
 僕と明里ちゃんは顔を見合わせた。
 孝介君の「いいこと」は、たいがい「いけないこと」だから。
「ばあさんに最後のプレゼントしてやるんだ。貴弘(たかひろ)も明里も協力してくれるよな?な?」
「…何するの?」
 僕が訊いても、にぃぃ…と笑うだけ。
「とにかく、明日の放課後、ここに集合な!」
 …逃げられないっぽい。
 明里ちゃんが隣でため息をついた。

 翌日、僕が一番先に空き地に着いた。
 「管理地」という札が立って、鎖が張ってある。
「おっす!貴弘、早いな」
 と孝介君がやって来た。何か小さな紙袋を持っている。
 続いて明里ちゃんが、ランドセルをカタカタ鳴らして走って来た。
「孝(こう)ちゃん、それ、花の種でしょ?」
 孝介君は僕らに得意げに紙袋を振って見せた。
「そう!コスモスの種。これをさ、空き地いっぱいに蒔いてコスモス畑にしちゃうんだ」
「…ま、待ってよ。ここ立ち入り禁止だよ、勝手なことしたら叱られるよ。ね?」
 僕は慌てて明里ちゃんに助けを求めたんだけど、明里ちゃんは
「面白そう!おばあさん、花が大好きだったから喜ぶよね」
 と嬉しそうに叫んだ。
 …僕、逃げられないっぽい。
「よし、それじゃチャッチャと蒔いちゃおうぜ」
 孝介君が早速、鎖を跨ごうとする。
「ちょっと待って。種は一袋だけなんだよね?」
「おお。俺の小遣いはたいて買ってきた」
「空き地全部に蒔くには、それじゃ足りないんじゃないかな。それに、コスモスの種なんて軽いから、ただ蒔いただけじゃ飛んでっちゃうよ」
 僕はとにかく時間を稼ぐために、思いつきを言ってみた。
「そうね、種がもっと必要ね。分かった、私もお小遣いで種を買ってくる!」
 …明里ちゃんが張り切ってどうするの?
「俺ももう少し頑張ってみる。貴弘はコスモスの育て方を調べといてくれ」
 結局、調べるのに時間が欲しいからと、コスモス作戦の決行を夏休みに延期してもらうのがやっとだった。

【…続きます】

b0314743_04561696.jpg



霜降=ぐんと冷え込みが増して霜が降りる頃、なのに、コスモスの話で申し訳ないです。
実は、長くなったので二回に分けようと作業をしている際に、前半部分がすっからかんと何処かに消えてしまったのです。
明け方近く、心が折れた音が聞こえた気がします。。
後半部分もほぼ出来ているのですが、ちょっと気を取り直す時間が欲しい。。
…いやぁ、切ない。

[PR]
by bowww | 2015-10-24 04:57 | 作り話 | Comments(2)
Commented by a-ki_la at 2015-10-24 09:23
こんにちは。
孝ちゃんみたいな子いたなぁって懐かしく読みすすみました。
お嫁さんがここを誰かに売っぱら...
(あ、失礼!)
売りに出されて買い手がついたり、
ヘンテコな色の家を建ててここにお嫁さんたちが移ってきたりする前に
(あ、ますます失礼!)
お花畑が見られますように。お嫁さんの腰が鈍重でありますように。

未明のポッキリ...心中お察しいたします。
でも読ませていただけてよかった!後編も楽しみにしていますネ。
Commented by bowww at 2015-10-24 11:44
> a-ki_laさま。

ありがとうございます♪
そうそう、孝ちゃんみたいな「困った子」、クラスに居ましたよね。
私もそうした同級生の男の子たちの顔を思い浮かべながら書きました。
今頃は案外、良いお父さんになったりしているのでしょうね。
この作り話、実はa-ki_la様の写真を拝見して、「そういえば今年はコスモスをゆっくり見ていなかったな…」なんて思っている時に、偶然の「出合い」があって思いついたのです。
自分でワクワクしながら書いていたら、半分消滅。。
涙ぐみながら書き直しました。。
お花畑、見られますように!…と思いつつ、後半も頑張って仕上げちゃいます。


<< 霜降 その2 果て >>