処暑

 抱えているプロジェクトの進行が遅れ気味で、厭味な部長からきつくプレッシャーを掛けられた。
 それで苛々していたのかも知れない。
 午前中のチームミーティングで、青木との議論がつい度を過ぎた。
 青木香奈恵は海外支社での勤務経験もあり、仕事が出来る分、物言いに遠慮がない。ただ、意見は的確な事が多く、感情的になることもないから、僕にとっては安心して議論できる相手だ。
 いつもは互いに落とし所を見つけて、ほかのメンバーがそれを拾い上げて方向性が決まるのだが、この日は僕が「お嬢さんの意見はいつもきれいごとばかりだな」と皮肉を言って無理矢理打ち切った。
 青木はぎゅっと奥歯を噛み締めるような顔をして黙った。
 ミーティングはつまらない雰囲気で終わった。
「真田係長、」
 会議室を出たところで、青木に呼び止められた。
「さっきは生意気なことを言って申し訳ありませんでした」
 ブンッ!と音が聞こえそうなぐらい、勢い良く頭を下げる。
 そして、もう一度、ブンッ!と顔を上げた。
「でも、私はきれいごとを言ったんじゃありません。目的にもう一度立ち返るべきだと言いたかったんです。第一、私は三十三歳で『お嬢さん』なんかじゃないです」
 こちらを見上げる目が赤い。マスカラやアイラインが盛大に滲んでいる。
 小狸みたいだ。
「…悪かった。失礼なこと言ったな。
 明日、改めて皆で問題点を洗い直そう。
 …でさ、」
 僕は我慢できずに吹き出した。
「鏡見てから戻った方がいいぞ」
 青木は真っ赤になってトイレに飛び込んだ。

 十年前に妻と別れて、息子の圭介と二人でやってきた。
 前の妻は口数が少なく、いつも静かに微笑んでいるような女性だった。
 だから「好きな人ができたから別れてほしい」と突然言われて、心底びっくりしたのだ。
 まさに青天の霹靂。
 喧嘩一つしたこともなく、子供も生まれて穏やかな日々を送っていた。
 つもりだった。
 怒りや嫉妬よりも、「女は分からない」という気持ちが一番強かった。
 青木とプライベートで会うようになった。
 職場から離れた青木は、呆れるほどよく笑い、よく怒り、よく泣く。
 言いたい事を互いにぽんぽん言い合って、彼女のくるくる変わる表情を面白がっているうちに、女性に対する臆病な気持ちはいつの間にか消えていた。
「ずっと一緒にいたい」
 青木の率直さにつられて本音を言ったら、彼女は一瞬、きょとんと僕を見つめた。
 そう、この小狸顔が好きなのだ。

 圭介には青木のことをきちんと紹介するつもりだった。
「父さん、昨日、街で父さんたちを見たよ」
 月曜日の朝、慌ただしく朝食を食べていると、圭介が何気なく言った。
 青木と映画館から出てきたところを見かけたらしい。
「…ああ、映画館で職場の後輩と偶然会ってな…」
「ふぅん」
 圭介はそれ以上は何も言わず、トーストにジャムを乗せた。ガラス瓶にスプーンがカツカツと当たる。
「ジャムと牛乳、帰りに買って来るね」
「…ああ、卵もついでに頼む」
 気持ちの準備が出来ていなくて、とっさに嘘をついてしまった。
 シンクでザァザァ水を流し、皿を洗う。
 横から圭介が「出し過ぎ」と、水を細める。
「そうだ、俺、夏休みにバイトしたいんだけど。どこか住み込みで」
 いい自転車が欲しいから、がっつり稼ぎたいんだと言う。
 僕は半ば上の空で「いいんじゃないか」と答えた。

 会社へ向かう電車の中で、青木から「今度の週末、花火大会に行きませんか?浴衣姿をご披露します」というメールを受け取った。
 文末にニヤリと笑った絵文字がついている。
 昔、圭介と妻と三人で花火大会に行った。
 離婚を切り出されたのは、その日の夜、圭介が寝た後だった。
 火薬の匂いが鼻先から離れなかった。
 以来、花火大会には行っていない。圭介から「行きたい」とせがまれたこともない。
 圭介についた嘘と、火薬の匂いと、会場の人混みを思うと、気持ちがずしりと沈み込む。
 昼休みに「ごめん、ちょっと夏バテ気味だからパスしたい。浴衣は見たいけど」と返信した。
 帰り際、またメールが来る。
 「給湯室の冷蔵庫に、栄養ドリンク冷えてマス」。
 頬が緩む。
 胸の中で「ごめん」ともう一度謝った。

 圭介は結局、妹の綾に預けた。
 知らない場所で一人でアルバイトをさせるより、身内の側に置く方が安心だ。
 綾の喫茶店で、なかなか役に立っているらしい。
 僕は久しぶりの気楽な独り身暮しを楽しむつもりだったが、猛暑にやられたのか本当にバテ気味で、週末はただゴロゴロしてばかりだった。
 圭介が居ない間に青木と会うのは、なんとなくフェアじゃない気もしていた。
 青木も無理には誘ってこない。花火大会には友人たちと出掛けると言っていた。
 テレビを見ながら缶ビールを飲んでいると、一気に老け込んだ気がして滅入る。
 ビールを半分残して、風呂に入った。
 久しぶりに湯船に浸かっていると、遠くで「ドーン」と低い音が響いた。
 花火大会が始まったらしい。
 風呂上がりにテラスに出る。
 ビルとビルの合間から、少しだけ花火が見えるのだ。
 光の筋が音もなく夜空を駆け上り、パッと炎の花が咲く。
 光の欠片がキラキラと舞い散る頃、ドーンと音が遅れて鳴り響く。
 青木は今頃、あの下で花火を見上げているのだろう。
 大はしゃぎしている顔が目に浮かぶ。
 携帯電話が鳴った。
 青木からだった。
「すっごく綺麗!ど迫力!」
 案の定、大はしゃぎだ。周りの喧噪や花火の音にも負けない、明るい声が飛び込んで来る。
「ああ、うちからもちょっとだけ見えるんだ。今、テラスから見てた」
 二人同時に、「あ!」と叫ぶ。
 ひと際大きな花火が上がった。ビルの明かりが霞み、藍色の夜空に雲がくっきり浮かぶ。
 音が追いかけてきた。
「来年は、一緒に行こうな」
「え?ごめんなさい、聞こえない、なに?」
 僕は笑って電話を切って、すぐにメールを送る。
「一緒に行こうな」
「一緒に見たかった!」
 送信と同時に着信した。
 僕は一人、声を出して笑った。
 冷蔵庫から冷えたビールを取り出し、あらためて飲み干した。
 むき出しの腕に、夜風が少しだけ涼しい。

 寝ようと思ったら、今度は圭介から電話が来た。
「今日さ、母さんと会ったよ」
「…どこで?」
「綾ちゃんの店で。来てくれたんだ、母さん」
 こんな時は、なんと言えばいいんだろうか。
「元気だったよ。旦那さんと二人暮しなんだってさ。二人で絵画教室の先生をやってるんだって」
 圭介はいつも通りの声で続ける。
「特に父さんへの伝言はなかったけどね。普通に幸せそうだった」
「…そうか、それならいいんだ」
 心から、それなら良かった、と思った。
「今夜は花火大会だったでしょ?行ったの?」
 圭介が笑いながら言う。
「おっさんが一人で行くワケないだろ」
「二人で行けばいいじゃん」
「……」
「父さん、意地張ってたり遠慮してたりすると逃げられちゃうよ。父さんの方がどう見ても先は短いんだから急がなきゃ。父さんを好きになってくれるなんて、貴重な人材だよ」
「…ケイが帰ってきたら、ちゃんと紹介する」
 やっとのことで電話を切って、ベッドに転がる。
 不意打ちを食らわせるのが得意なのは、母親譲りなんじゃないだろうか。
 それにしても、今夜の圭介はよく喋ったな。
 青木に、「来週末、うちに来ないか?若いイケメンを紹介するよ」とメールを送って眠りに落ちた。
 きっと青木は小狸顔をしている。


処暑=8月23日〜9月7日頃
初候・綿柎開(わたのはなしべひらく)次候・天地始粛(てんちはじめてさむし)末候・禾乃登(こくものすなわちみのる)
 


b0314743_09434181.jpg
 

 
今朝、母に「今日は風がひやんひやんするね」と言うと、「うん、ショショだからね、ショショ」と得意げに返ってきました。
本当に暦通りです。
朝夕の風がすっかり涼しくなりました。
ついこの前まで青々としていた田んぼも、淡く金色を帯び始めました。
稲穂がぺこりと頭を下げています。
隣の田んぼのおじいさんはとっても働き者。
朝早くから田んぼの世話をしています。
稲穂が出ると賑やかになるのが雀たち。ご馳走なんでしょうね。
そして、それを追い払うために、一斗缶をガンガン打ち鳴らすおじいさん…。
雀よりも、ぐうたらな私の方がびっくりして目が覚めます。
心臓バクバク。。
でも、美味しい美味しい新米のために我慢します。


次回は9月8日「白露」に更新します。


[PR]
by bowww | 2015-08-23 09:53 | 作り話 | Comments(2)
Commented by a-ki_la at 2015-08-24 23:10
綾ちゃんのお兄さんはどんな方だろうと想像たくましくしていただけに、
なんと嬉しかったこと!
雰囲気の悪くなった会議の後で素直に謝れるふたりが眩しいです。
なかなか難しいことですから。

東京も今日あたりは涼しいです。台風が抜けたら空気が変りそうですね。
ということで、少々慌てて花火の写真をアップしました。
花火はひとりで見るものじゃありませんね。
ワタシが花火を近くで見ないのは、そういうことだからかもしれません。
Commented by bowww at 2015-08-25 22:45
a-ki_laさま。

こんばんは。
綾ちゃんのお兄さん、想像して頂いた人物に近かったでしょうか、期待外れだったでしょうか?
私が作り話を書くときは、あらまほしき人を想定してしまうので、それこそ「きれいごと」になりがちかも知れません。。
お兄さんと青木さん、自分もこうでありたいな、と思って書いたのでした…。
口先だけではなく、きちんと謝れるって一つの才能なんですよね。
年を取れば取る程、難しくなります。…反省。。

「恋は遠い日の花火ではない」という名コピーがありました。
それがずっと頭の片隅に残っていまして…。
ここ数年、私は遠花火しか見ていません。
それはそれで風情かな…と思います(負け惜しみ!)。
実は今日、東京へ河鍋暁斉展を観に行ってきました。
あまりの涼しさにびっくり!
一気に秋ですね。
a-ki_laさんの花火の写真、素敵です♪
夏の名残ですね。


<< 白露 立秋 その2 >>